DHAサプリおすすめランキングはこちら

DHAは万能オイルです。

魚から取れるDHAオイル。

 

数え上げればキリがない程、様々な健康効果が高いことが判明しています。

 

元々日本人は魚を良く食べていたので、DHAが不足する心配はありませんでした。

 

しかし、現在の日本では魚を食べる機会が減少して、肉食中心になっています。

 

これだはDHA不足になって当たり前です。

 

DHAとは


DHAの効果は、学習能力・記憶力の向上,視力低下の抑制,動脈硬化の予防,高脂血症の改善,血栓の抑制,高血圧の抑制,運動能力の向上,老人性痴呆症の改善・予防,抗アレルギー,抗炎症作用,アトピーの改善などです。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)はEPA(エイコサペンタエン酸)と共にn-3系の多価不飽和脂肪酸の一つで、イワシ,サバ,マグロ,サンマなどの青魚に多く含まれる必須栄養素です。n-3系脂肪酸には、DHA・EPAの他に、αリノレン酸,DPA,などがあります。

 

魚を多く食するイヌイットの人々に心筋梗塞や動脈硬化など血管系の生活習慣病がほとんど見あたらないことから、魚に多く含まれるDHA・EPAの血液をサラサラにする作用が判明しました。DHA・EPAは体内で合成できないため、食事から摂取しなければなりません。

 

DHA・EPAサプリメントの効果的な取り方

 

DHA・EPAは青魚に多く含まれています(DHAは魚等にしか含まれていません)。DHAは脂に含まれる成分なので、脂がのった旬の時期の魚がベストです。またマグロの目の近くの組織にも多く含まれています。DHAの1日の摂取量の目安は1〜2g。現代日本人では平均400mgほどしか摂取できていません。

 

DHAを約1000mg摂取できる食材としては、サンマやあじの開き(生,干しどちらでも)1匹,マグロ中トロの4〜5切れ,イワシ1匹,鯖切り身1切れなどがあります(季節によりDHAの含有量は変動します)。

 

不足分はサプリメントでプラスするのが効果的です。それぞれの食生活にもよりますが、健康維持や病気予防を目的とした場合DHAサプリメントでプラス500mg、より積極的に病気を予防したい方は+1,000mg,アトピーや痴呆症,血液をきれいにしたいなど目的がある場合は+1,500mgを目安に摂取。

 

出典:DHA・EPAの効果と効能

DHAは妊婦さんにもおすすめですよ。

色々と栄養に気を遣う妊婦さん。

 

低カロリーで高タンパクな食品を中心にビタミンやミネラルをしっかりと摂取してください。

 

そしてオイル系はDHAがお勧めですね。

 

肉より魚を食べるとDHAが摂取出来ますよ。

 

ちょっと話が外れますが、妊婦さんが気にすることの一つに妊娠線があります。

 

急にお腹が膨らむ事によって、皮膚が避けてしまって出来るんですね。

 

保湿クリームなんかを使って優しくマッサージすると予防出来ますので試して見てくださいね。